DONNER DU GATEAU

奈良二月堂

d0110462_16215459.jpg私は小さな頃jからよく東大寺二月堂にお参りに行っていました。
ここに来ると気分が安らぎ落ち着きます。
今日はお正月という事もあってたくさんの人達で、賑わっています。

東大寺二月堂は、修二会(お水取り・お松明)で有名なお寺です。
1250年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大松明を持った童子(どうじ)が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を走り抜けます。
 二月堂の本尊十一面観音に、東大寺の僧侶が人々にかわって罪を懺悔して国家の安泰と万民の豊楽を祈る法要です。

d0110462_16255049.jpgこの行法の起源については、天平勝宝4年(752)東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)によってはじめられたと伝えられます。
僧実忠和尚が笠置の竜穴で菩薩たちの行法を見て、始められたといわれています。
以来一度も途絶えることなく続けられ、平成20年(2008)には1257回を向かえるそうです。

この写真は二月堂の上から見た奈良の町です。

d0110462_16403586.jpg二月堂の後、春日大社にお参りに行きます。
春日大社にある万葉植物園のお話はよく、郷土研究科の西川先生より伺っていました。
特に、奈良時代食されていたと言われる植物「フユアオイ」の事は、これから皆さんと、関係者の方々で伝え広めていけたらと思っています。
可愛いバンビちゃんも、私の方へよって来てくれ、まるで応援してくれているみたいですヨ。

[PR]
by donner2002 | 2008-01-03 16:57 | 日記