DONNER DU GATEAU

夏のフランス 9 バカンス カスティヨン

d0110462_17395149.jpg今日は、フランス南西部の地方菓子研究を行なったアトリエのお庭をご覧下さい。





d0110462_18175119.jpgとても広いお庭です。






d0110462_17421727.jpgディナーを食べながら、打ち合わせ!
地方菓子の事、地方のお料理の事、ワインの事、などなど・・・
まだ外は明るいので、とても良い気持ちです。
ブノワさん、翠先生にも「奈良漬サブレ」食べて戴きました。
サブレ(sable)=フランス語の「砂」という意味
サブレ(sable)は、フランスやヨーロッパでは、バターが豊富に入った、サクサクとしたとってもリッチなお菓子です。

d0110462_233476.jpgヨーロッパでは、その国のヴァリエーションがあります。
日本の奈良の地のサブレを作りたいという思いと、たっぷりと入ったバターと、長時間漬け込まれた奈良漬の相性がぴったりと合うところに着目し開発されたお菓子です。
フランス人のブノワさんも美味しい!と言って下さり、とても嬉しい気持ちになりました。


d0110462_17454835.jpgお庭では、コスモスに蜂が・・・














d0110462_17463198.jpgエスカルゴも・・・













d0110462_17465587.jpgそれを眺めている、隣の猫ちゃん
なんて自然で和やかなんでしょう!





d0110462_1750555.jpgお家の周りはもちろんブドウ畑!













d0110462_17515822.jpg













d0110462_17544284.jpgこのたび、私のためにとても素敵な、エプロンを手作りしてくださったイヴェットさん!
イヴェットさん特性のコンフィチュールをいただきました。
ご自身のお庭で、すべての果物を育てられ、コンポートやコンフィチュールにして、1年間楽しまれます。
年間約20種類作られるそうです。
シールもお手製!さすがフランス!センスがいいですネ。
イヴェットさん、ありがとうございました!





d0110462_1825951.jpgもちろんアジャンのプラムも買いました。













d0110462_1834431.jpgバイヨンヌのお塩、ソーテンヌのチョコレート、日本ではあまり見かけない、シュガーパールなどなど・・・
心温かい旅の思い出とともに日本に持ち帰ります。





d0110462_1882275.jpgブノワさん、翠先生にはこの数日大変お世話になりました。
ブノワさんはワインの先生、みどりさんは、この地でアソシエーションを作られている、お菓子とお料理の先生、とても楽しく、心和む時間をありがとうございました。




d0110462_18443663.jpgお二人と別れ、さぁ~日本へ・・・
飛行機の中でもディナーが終わり、やっぱり、楽しみはデザートです。
2種類頂き、おやすみなさい!
2009年の夏のフランス、たくさんの感動と心温まる気持ち、たくさんの美味しさを頂き幸せな日々でした。
お世話くださった皆様に感謝申し上げます。

夏のフランス9編にわたり、ご覧いただきまして誠にありがとうございました。
皆様も感動していただければ幸いです。
いつか皆様と・・・



地方菓子はお菓子の原点。
地方のお菓子は以前から作っていましたが、その地に出向いてその町を見る事、その町の空気を感じる事、とても奥深い感動があります。その地で売られている様子を見て、どのような思いで、出来ているお菓子かを知ること、それをもとにご自身で作る事は、とても楽しく勉強になります。
まだまだ楽しみながら勉強をしたいと思い、このたび「アミー・デ・ガトー~お菓子の友クラブ」を発足させていただきます。詳しい内容は次のブログにてご案内いたします。

[PR]
by DONNER2002 | 2009-09-08 19:01 | 日記